映画の字幕を目的として、極力《クセのない》ことを意識してデザインされた手書き風の字幕書体です。
多くの映画の字幕文字の実績をもつ佐藤英夫氏の「シネマフォント」がベースとなっています。
映画やDVDの字幕はもちろん、TVコマーシャルとして、またチラシやポスターなどの紙媒体にも適しています。

書体デザイナーからのコメント:
字幕文字に必要な条件は、読むことを意識しないでも頭に入る、ということ。
パッと目に入って、スッと文字を追いやすく、画面の雰囲気に自然に溶け込んで、観る人に“字幕の存在”や“書体デザイン”を意識させないことが重要です。つまり空気のようでいて、クセやアクのない、嫌みな自己主張をしない、自然な雰囲気の書体です。文字の横幅は均等ではなく、漢字と仮名のバランスを調整しています。 また、濁点と半濁点が大きくて明快な点も特徴です。古さや新しさを感じさせない、温もりと優しさを併せ持つ独特のデザインです。

書体見本