筑紫書体のゴシック体ラインナップの中で、文字のプロポーションが最も美しい書体の《Small Style》です。
筑紫アンティークゴシックは、一文字ごとの漢字固有の形・骨格を生き生きとした書風で描いています。
また、手書きの「かな」は筆の動きを彷彿とさせ、漢字そのものが見せる表情をエモーショナルにさせます。
金属活字や写植文字の伝統を踏襲しながら、侘び寂びの表現と現代的な新しさを融合させた数少ないゴシック体です。
古風な印象のゆったりとした文字間で組める《Small Style》です。
※現代的な文字間で組める《Large Style》もあります。

書体見本