金属活字時代に存在していたかのようなゴシック体をイメージしながら、全く新しく設計した書体です。筑紫書体の特長として"文字が含む情報量の多さ"があります。この書体は、すべての筑紫書体の中でも最大に情報量が多く、文字そのものが雄弁に言葉を発します。縦画横画ともに有機的抑揚をつけ、さらにタイトなふところの文字がゴシック体の中で、最も風情を感じさせます。漢字のみの単語組みだけで他の書体との違いは一目瞭然です。

LETSプログラムでご利用いただける書体です。

書体見本