1990年1月Fontworks International, Ltd.設立
12月Postscript日本語フォント「ロダン-DB」を発売
1993年8月株式会社フォントワークスジャパン設立
1994年8月フォントワークスフレンドシップ発会
12月ATM専用版パッケージ「新文字伝説」を発売
1995年11月
  • 中低解像度版「未来文字工房」を発売
  • ロダン/マティス/スーラ/セザンヌ/グレコの各書体にフォントワークス外字718文字が加わりPlus書体にリニューアル
1997年5月フォントワークスホームページ開設
1998年4月
  • フォントワークスフレンドシップ83店舗に拡大
  • 製品を再構成、お得なバリューパックが登場
1999年7月ロダン誕生10周年記念感謝パック「フォントワークスATMフォント クラシックセット25」を発売
2000年2月
  • フォントワークスコレクションがCIDフォントとして登場(CD-ROM Volume 5.0)
  • 「フォントワークス外字マスター1.0」を発売
7月フォントワークスコレクションOCFフォント製品 受注生産へ切り換え
12月
  • 旧バージョンOCF製品「インストーラver 3.3以下 プリンタフォント製品」および「新文字伝説 ver 1」のサポートを終了
  • 旧バージョンOCF製品からPlus書体(ver 4.5)へのアップグレードの受付を終了
2001年3月フォントワークスコレクションOCFフォント製品 生産終了
6月フォントワークスホームページ リニューアル
7月「フォントワークスCIDクラシックセット26 ATM専用版/中低解像度版」を発売
10月スーラCID-L/UB、クレーCID-DBを収録した「フォントワークスCIDクラシック追加書体パック」を発売
11月「フォントワークス外字マスター NEO」を発売 (これに伴い「外字マスター1.0」生産終了)
2002年5月包括的なフォント環境サポートプログラム「LETS」の一部として先行して始まる「Pre-LETS」の受付開始
6月
  • LETSの入会金が無料になる特典付きパッケージ「LETSエントリーパック CID ATM専用版」を発売
  • 「Pre-LETS」出荷開始(LETS会員へOpenTypeフォント先行提供開始)
9月「LETS」本格稼働開始
10月
  • パッケージ版OpenTypeフォント製品を発売(クラシックシリーズ29書体のMac版/Win版)
  • フォントワークスジャパンとイワタ、フォントの拡販および技術協力に関する業務合意を発表
12月フォントワークスLETS会員向けに、ニューロダンファミリー6書体をはじめとするCIDフォント12書体をリリース
2003年3月フォントワークスLETS会員向けに、クラシックシリーズ29書体以外のOpenTypeフォント110書体をリリース
2004年1月
  • フォントワークスLETS会員向けに、筑紫明朝-L/LB、筑紫A見出ミン-E、筑紫B見出ミン-E、スキップ-B、ハミング-Bの6書体をリリース(2003年の新書体)
  • FBFによるフォント販売終了
3月OpenTypeフォント パッケージ製品の優待販売終了
10月マクロメディアとフォントワークスジャパン、日本語フォントに関するユーザーの利便性向上にむけ協力体制を強化
11月「ASPサーバー対応 LETS」を発売
12月
  • 株式会社イワタ、LETS事業に参画
    イワタとフォントワークスジャパンがLETS事業に関して業務提携
  • フォントワークスLETS会員向けに、筑紫明朝-R/RB/M/D、アンチックセザンヌ-M/DB、学参丸ゴ-M/DB/B、ぶどう-Lの10書体をリリース
2005年2月「Mac OS X Server 対応 LETS」を発売
3月
  • 「イワタLETS」販売開始
  • OCFフォント パッケージ製品のサポート終了
9月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2005」をリリース
11月字形変換ツール「舞字形」を発売
2006年1月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫ゴシック-L/R/M/Dの4書体をリリース(2005年のLETS新書体)
4月韓国語フォント「JIKJI LETS(ジッチLETS)」を発売
9月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2006」をリリース
12月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫ゴシック-B/E/H、ドット明朝2種、ドットゴシック2種の7書体をリリース
2007年3月イワタLETS会員向けに、イワタ特太明朝体オールド、イワタ新聞中ゴシック体など5書体をリリース
5月字形変換ツール「舞字形」Windows版を発売
9月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2007」をリリース
12月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫明朝-B/E/H、万葉行書、万葉草書、ニューシネマ2種の7書体と、筑紫明朝Pr5-L/R/M/D/LB/RBをリリース
2008年3月パッケージ製品OCFフォントからCIDフォントへのアップグレードサービスを終了
7月社名を「株式会社フォントワークスジャパン」から「フォントワークス株式会社」へ変更
事務所を福岡市中央区天神から福岡市博多区上川端町へ移転
10月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2008」をリリース
12月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫オールド明朝-R、筑紫丸ゴシック2種、万葉古印2種、くろかね-EB、コミックレゲエ-B、コミックミステリ-DBの8書体と、JIS2004字形対応フォント38書体をリリース
2009年1月Scaleformとフォントワークス、日本のゲーム開発者にベクター グラフィック フォントを提供する提携関係を締結
2月「タイプバンクLETS」販売開始
3月
  • フロッピーディスク版CIDフォント製品の製造・出荷を終了
  • イワタLETS会員向けに、A-J1-4仕様(Pro)の学参フォント13書体をリリース
6月「方正LETS」販売開始
7月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2009」をリリース
8月フリーウェアのフォント管理ツール「LETS FontACE Lite」をリリース、ダウンロード開始
10月イワタLETS会員向けに、イワタUDフォント15書体をはじめとする計20書体をリリース
12月
  • “筑紫オールド明朝”と“筑紫丸ゴシック”が「東京TDC賞2010 <TDC賞>」を受賞
  • フォントワークスLETS会員向けに、筑紫ゴシック-U、大江戸勘亭流-E、ハミング-L/M/D/E、角隷-L、ライラ-DB、ステッキ-B、ランパートTL-EB、シャドウTL-Bの11書体をリリース
2010年2月「白舟LETS」販売開始
3月
  • イワタLETS会員向けに、イワタUD明朝7書体、筆順フォントをリリース
  • 外字作成ツール「外字マスターNEO」パッケージ製品の製造・出荷を終了
8月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2010」をリリース
12月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫A丸ゴシック-L/R/M/D/E、モード明朝A-B、モード明朝B-B、角隷-M、コメット-B、カラット-UBの10書体と、筑紫明朝-B/E/Hと筑紫ゴシック-L/R/M/DのA-J1-5仕様(Pr5)およびJIS2004字形対応フォント(Pr5N)14書体の、計24書体をリリース
2011年3月
  • 白舟LETS会員向けに第2弾新書体をリリース(デザイン筆文字シリーズ7書体など計16書体)
  • イワタLETS会員向けに2011年の新書体をリリース(イワタUD新聞書体など計59書体)
5月タイプバンクLETS会員向けに2011年の新書体をリリース(ちび丸ゴシックなど計18書体)
7月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2011」をリリース
12月フォントワークスLETS会員向けに、筑紫B丸ゴシック-L/R/M/D/E、パール-L、ラグランパンチ-UB、花風ペン字体-L/M、花風マーカー体-B、花風なごみ-B、韓国語フォント26書体、中国語フォント18書体、筑紫明朝-L/R/M/D/LB/RBのAJ1-6仕様(Pr6)6書体、JIS2004字形対応版(Pr6N)6書体の、計67書体をリリース
2012年3月
  • イワタLETS会員向けに2012年の新書体をリリース(イワタUDゴシックのイワタAJ1-6シリーズなど計30書体)
6月白舟LETS会員向けに第3弾新書体をリリース(デザイン筆文字シリーズ4書体など計11書体)
7月「LETSエントリーパック CID ATM専用版」販売終了
8月「タイプバンクLETS」「JIKJI LETS」サービス終了
10月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2012」をリリース
12月
  • 「LETS会員証明書発行サービス」を開始
  • フォントワークスLETS会員向けに、筑紫Aオールド明朝-L/R/M/D/B/E(Pr6/Pr6N)、筑紫Bオールド明朝-R(Pr6/Pr6N)、花風テクノ-E/U、ユールカ-UBの、計17書体をリリース
2013年3月イワタLETS会員向けに2013年の新書体をリリース(イワタゴシック体など計6書体)
5月白舟LETS会員向けに第4弾新書体をリリース(デザイン筆文字シリーズ2書体など計5書体)
6月ソフトバンク・テクノロジー株式会社との戦略的事業提携
10月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2013」をリリース
2014年1月[LETS  AS ONE]を新しいコンセプトに、新LETSのサービスを開始
LETSインストールキットリニューアル
LETS会員向けに、筑紫Cオールド明朝-R(Pr6/Pr6N)、筑紫オールドゴシック-B、スキップ-L/M/D/E、テロップ明朝-D/B/E/H(Pro/ProN)、アーク-R、花風テクノ-Hの計17書体の新書体に加え、白舟書体48書体、欧文フォント5,530書体をリリース
1月教育支援プログラム「学生向けLETS」のサービスを開始
3月Webフォント機能「FONTPLUS for LETS PUTK」の提供を開始
8月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2014 ▶ 2015」をリリース
8月LETS会員専用ホームページをリニューアル
2015年2月LETS会員向けに、筑紫アンティークL明朝-L、筑紫アンティークS明朝-L、筑紫B明朝-L(Pr6/Pr6N)、あおかね-EB、ベビポップ-EBに加え、UD明朝-L/M/DB/B、UD角ゴ_ラージ-L/R/M/DB/B、UD丸ゴ_ラージ-L/M/DB/Bの計18書体をリリース
3月LETS会員向けに、UD角ゴ_コンデンス80-L/R/M/DB/B、UD角ゴ_コンデンス70-L/R/M/DB/B、UD角ゴ_コンデンス60-L/R/M/DB/Bの計15書体をリリース
イワタLETS会員向けに2015年の新書体をリリース(イワタ新楷書Hなど計47書体)
6月LETS会員向けに、白舟書体コレクションから、ゲーカイ07、ゲーカイ11、ゲーカイ15の計3書体をリリース
7月LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2015 ▶ 2016」をリリース
12月株式会社モトヤ、LETS事業に参画
モトヤとフォントワークスがLETS事業に関して業務提携
2016年1月LETS会員向けに、フォントワークスコレクションから筑紫アンティークLゴシック-B、筑紫アンティークSゴシック-B、UD角ゴ_スモール-L/R/M/DB/B(Pr6/Pr6N)、UD丸ゴ_スモール-L/M/DB/B(Pr6/Pr6N)、ゴスペル-EBの計21書体をリリース
イワタLETS会員向けに、2016年の新書体をリリース(イワタミンゴなど計9書体)
3月LETS会員向けに、フォントワークスコレクションから、モード明朝Aラージ-L/R/M/D/B/E/H、モード明朝Bラージ-L/R/M/D/B/E/Hの計14書体をリリース
5月LETS会員向けに、フォントワークスコレクションから、つばめ-R、Yoon Gothic 710/720/730/740/750/760/770/780/790の計10書体をリリース
8月LETS会員向けに、フォントワークスコレクションから筑紫C見出ミン-E、Yoon Mincho 710/720/730/740/750/760/770/780/790、白舟書体コレクションから白舟髭隷の計11書体をリリース
LETS会員向けに「LETS Power Up Tool Kit 2016 ▶ 2017」をリリース

※このページに記載している書体数は、JIS2004対応フォント(N書体)もカウントしています。