【導入事例】日本語ワープロソフト「一太郎2017」にフォントワークスフォントが搭載
〜フォントワークスフォントで、文書が見ちがえるインパクトを〜

2017.02.03   お知らせ

フォントワークス株式会社(本社:福岡市博多区上川端、代表取締役社長 CEO 阿多 親市)は、株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長 関灘 恭太郎)が開発し、本日2月3日(金)より発売する日本語ワープロソフト「一太郎2017 プレミアム」「一太郎2017 スーパープレミアム」に、フォントワークスフォントが10書体搭載されたことをお知らせいたします。



ichitaro_FW.jpg

▼搭載フォントの見本
ichitaro3.jpg



株式会社ジャストシステムさま
「一太郎」は、操作性のよさはもちろん、見栄えがよく、わかりやすい文書の作成を支援できるよう、こだわりを持って開発しています。 そこで、「人に伝える」「魅せる」文書作成に役立つフォントという視点から注目したのが、日々の生活の中でよく目にし、高品位でバラエティ豊かなフォントワークス書体でした。文書に品格を与える筑紫シリーズを中心に、上品さと重厚感で印象的なマティスなど、個性的で魅力ある書体を厳選し、搭載しています。

▼一太郎2017 厳選10書体の紹介ページ
http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/feature6.html

■ 一太郎2017について
作成文書の種類やIT機器、身体特性に応じて最適な文書作成環境を提案する、日本語ワープロソフトの最新版。 オーダーメイド感覚で、自分にぴったりな画面や操作環境を設定可能。3つのラインナップで構成され、上位2製品である「一太郎2017 プレミアム」「一太郎2017 スーパープレミアム」に、「フォントワークス厳選10書体」を収録。

▼一太郎2017商品紹介ページ
http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/




※ 本お知らせに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。