products

ここでは、フォントの組込みに必要な技術要件について概説します。組み込む対象に応じて採用を検討することとなります。

ビットマップフォント

概要・特長

字形をドットで表現したフォントです。初期のPCなどによく用いられていました。フォント自体のデータが軽く、また描画の負荷も低いため、CPUやメモリ等のリソースが軽い機器に適しています。

種類

よりデータの軽い2値画像のものと、アンチエイリアスを使ってスムーズな輪郭を実現したグレースケールのものがあり、弊社では4階調もしくは16階調ビットマップフォントの納品実績があります。

利点・欠点

ビットマップフォントも、アウトラインフォントも、表示されたときには同じくドットに展開されています。しかし、ビットマップフォントは一文字ずつ職人が目で確認しながらドットを置いたものです。したがって、文字サイズが小さい場合には、ビットマップフォントのほうが人為的に字形を整えており、アウトラインフォントより読みやすくなっています。
裏を返せば、拡大や縮小を行うと字形が崩れ、判読困難となります。よって、サイズ・ウェイトごとにフォントを用意する必要があります。種類を多く組み込んでしまえば、データが軽いという利点を損なうこととなります。

使用事例

様々な機器の表示パネル、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤーのメニューに採用実績があります。

組込みフォントに関するお問い合わせはこちらから

組込みフォント関連製品・ソリューションについての情報は以下をご覧ください。

さらに詳しい情報やご不明な点はお気軽にお問い合わせください。