フォントワークスOpenTypeフォント

製品・サービス

DTPでの表現をさらに快適にする“⽂字数”を⼤幅に拡張。プリンタフォントの使⽤なしに解像度制限のない出⼒が可能です。

こんな方におすすめ

  • フォントを買いきりで使いたい。

OpenTypeフォントの主なポイント

MacとWindows間での
クロスプラットフォームを実現

DTPでの表現を
さらに快適にする“⽂字数”を
⼤幅に拡張

プリンタフォントの使⽤なしに
解像度制限のない出⼒が可能

概要

書体

最も使⽤頻度の⾼いクラシックシリーズ29書体をリリース。

⼤幅に拡張された⽂字セット

Adobe Japan1-4に準拠した約15,500⽂字のPro仕様を採⽤。⼈名や地名などの漢字や異体字、さらに記号類も充実しています。例えば「辺」の漢字を例にするとCIDフォントではアプリケーションの字体切り換え機能を利⽤して使⽤できる⽂字が2⽂字なのに対してOpenTypeフォントでは、22⽂字の「辺」が使⽤可能になります。

  • グレコはStandard仕様の約9,300⽂字(Adobe-Japan 1-3)になります。
  • 拡張された⽂字を利⽤するにはOpenTypeフォントに対応したアプリケーションが必要です。

MacとWin間のクロスプラットフォームを実現

フォントワークスOpenTypeフォントは、Mac版とWindows版それぞれのOSに対応したクラシックシリーズ29書体を1書体ごとでご⽤意しています。

  • OpenTypeフォントに対応したアプリケーションが必要です。
  • Mac,Win⽤にそれぞれフォントを購⼊する必要があります。

製品構成・価格

フォントワークスOpenTypeフォントは、Mac版とWindows版それぞれのOSに対応したクラシックシリーズ29書体を1書体ごとでご⽤意しています。

システム構成・価格

システム構成 最新のシステム構成はOS対応一覧ページの OpenType Fontダウンロード をご確認ください
価格 1書体につき ¥18,000(税別)