2004年リリースの新書体

2004.12.21   書体

2004年リリースの書体は、昨年リリース後、各方面から話題となっている「筑紫明朝」のウエイトR/RB/M/Dの他、デザイナー書体としてKOKIN氏デザインの「ぶどう-L」、スーラをベースに学参仕様にリデザインした「学参丸ゴ」3ウエイト、そしてコミック(漫画)用に制作した「アンチックセザンヌ」2ウエイトの合計4種類10書体です。

株式会社フォントワークスジャパン(福岡県福岡市中央区 代表:松雪文一)は、フォント環境サポートプログラム『LETS』会員限定の新書体10書体のリリース・配布を開始いたしました。

株式会社イワタ(所在地:東京都千代田区岩本町 代表取締役:水野弘一郎 以下「イワタ」)は、株式会社フォントワークスジャパン(所在地:福岡県福岡市中央区天神 代表取締役:松雪文一 以下「フォントワークス」)が展開するLETS事業に参画することを発表しました。

平素は、弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社では1990年にはじめてOCFフォントを発売して以来、1995年にはPlusフォントとしてフォントワークス外字を付属したOCFフォントを発売いたしました(既に販売は終了しております)。
昨今、DTP業界ではCIDフォントが主流となり、さらにはOpenTypeフォントへの移行も進みつつあります。このような状況の中、弊社ではOCFフォントパッケージ製品のサポートを続けて参りましたが、2005年3月31日をもちまして終了させていただくことになりました。

コニカミノルタ社製 RIPについて

2004.11.02   サポート

コニカミノルタ社より販売されている下記RIPにおいて、フォントワークスOCFフォントの出力時に不具合が発生することがあります。
不具合の内容と対応策は以下のとおりです。

平素は、弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

マクロメディア株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、代表取締役:井上 基、以下、マクロメディア)と株式会社フォントワークスジャパン(本社:福岡県福岡市中央区3-9-25、代表取締役:松雪 文一、以下、フォントワークス)は、Web上で日本語フォントを利用したMacromedia_ Flashþコンテンツをデザイナーが安心して制作、表現する環境を実現するために、両社の協力関係を強化し、その一環として、フォントワークスが、マクロメディアのサーバー製品での使用を許諾する「ASPサーバー対応LETS」を発売すると発表しました。

株式会社フォントワークスジャパン(福岡県福岡市中央区 代表取締役 松雪文一)は、マクロメディア社との協力体制の強化のひとつとして、デジタルフォントの包括的なフォント環境サポートプログラム『LETS』(「Leading Edge Type Solution」)に、最近増加している「Flash」を利用したコンテンツサーバー上でのフォントエンベッドに対応した新しいサービス『ASPサーバー対応LETS』を発表しました。

「DTPソリューションセミナー」

2004.10.06   セミナー

名 称「DTPソリューションセミナー」
開催日2004年10月6日(水)
会 場キヤノンシステムアンドサポート 千代田支店 会議室
主 催キヤノンシステムアンドサポート株式会社

「DTPソリューションセミナー」

2004.10.05   セミナー

フォントワークスは2004年10月20日(水)東京都千代田区にて開催されますキヤノンシステムアンドサポート株式会社 主催の「DTPソリューションセミナー」"どうなる?これからのDTP"に参加いたします。