2019年4月〜12月の「LETS」新書体についてご紹介

Stories

2019年4月以降リリースの「LETS」新書体をご紹介します。

2019年4月から2019年12月までに、「LETS」は全部で46書体の新書体をリリースします。

リリース以降、安定した人気を誇る「スキップ」「ハミング」のPro/ProN化や、筑紫新聞明朝や筑紫B明朝のウエイト拡張によるファミリー化をはじめ、新規デザインの書体として、「奈」「パルレトロン」「ニューグレコ」「筑紫アンティークA/B/C丸ゴシック」「清御隷書体」をリリースいたします。

2019年の新書体も、どうぞお楽しみに!

※書体は全て開発中のため、提供時期や書体名など変更になる可能性があります。

2019年4月 「LETS」新書体

■提供書体:6書体

<筑紫書体シリーズ>

・筑紫新聞明朝-LB [Pr6/Pr6N] ウエイト拡張

<ベイシックシリーズ>

・スキップ-L/M/D/B/E [Pro/ProN] フォーマット拡張

「筑紫新聞明朝」は、縦80〜90%縮小扁平した新聞スタイルが特徴で、端正な骨格はテキスト面にほどよい緊張感を生み出し、新聞はもとより雑誌などで高い品位を醸し出します。
「スキップ」は、まじめな印象を与えながらも適度なファッション性を加味した、角ゴシック体に続く準定番書体としてご使用いただきたい書体です。角ゴシック体よりも《真っ直ぐで優しい》イメージを表現できます。 書籍やチラシ、広告などの紙媒体から、アニメやゲームなどのデジタルコンテンツまで幅広い人気を誇る書体です。

2019年6月 「LETS」新書体

■提供書体:1書体

<デザインクラブシリーズ>

・奈-L [Std]

「奈」は、福田 和敏氏作。左右のスペースの不均等さは「集中からの拡散」をイメージし、「ハジケ(弾け)る様」を表現できるようデザイン。

2019年7月 「LETS」新書体

■提供書体:1書体

<キャッチシリーズ>

・パルレトロン-B [Std]

「パルレトロン」は、西洋レトロとゴスロリをイメージして制作した書体です。 独特な縦画と横画が、ロマンチックな印象を与えます。 装飾的で華やかですが、陰影もあり、ライトノベルのタイトル、キャッチコピー等にお勧めです。

2019年8月 「LETS」新書体

■提供書体:6書体

<クラシックシリーズ>

・ニューグレコ-M/DB/B [Std/StdN]

「ニューグレコ」は「グレコ」をベースに、新たにJIS2004に対応。 漢字は、「草かんむり」と「糸へん」を、日本でなじみのある現代的な字形に変更しています。さらに、漢字に合わせ、新しい「かな」を制作しました。 すっきりとした筆づかいの漢字に合うよう、自然な筆の流れを意識した「かな」デザインです。 毅然としつつも優しい雰囲気を持ち、文章を組んだ時に力強さも繊細さも表現できます。

2020年1月 「LETS」新書体

■提供書体:1書体

<デザインクラブシリーズ>

・清御隷書体-R [Std]

「清御隷書体」は、「中国の清王朝の乾隆帝に愛された隷書体が現代に蘇るリニューアルプロジェクト」として作成した書体です。中国の清代盛世期における宮廷工芸の傑作であり「磁胎畫琺瑯」(琺瑯彩)と「磁胎洋彩」(洋彩)という磁器に、乾隆帝(在位一七三五年-一七九五年)の御製詩が様々の書写字様を通して後世に伝えられています。これらの書写字様は芸術的なレベルの高さで知られておりながら、更に各々の書体を変化させた様々な書体が乾隆帝の芸術の多様性への到達という願望のために捧げられました。「清御隷書体」はその各隷書様式の中の稀な例を築き上げ、現代的な感性を取り入れたモダンな隸書体です。「清御隷書体」の特徴とは、筆力は柔らかなで波磔(横画のうねり)は力強く、穏やかな書風の中で華やかな筆意を感じられます。端正かつ柔軟な字画エレメントの中で、シャープな左右ハライが快適なリズムを生み出せます。「清御隷書体」は伝統的な筆文字には見られなかった活字的なレターバランスを意識し、隸書体の扁平さを維持し、バランス良い扁平の四角い枠の中に納まるように特に工夫を凝らしました。公式サイト(www.shingyoreisho.com)

2020年未定 「LETS」新書体

■提供書体:14書体

<筑紫書体シリーズ>

・筑紫B明朝-R/M/D/B/E/H[Pr6/Pr6N] ウエイト拡張

・ハミング-L/M/D/B/E[Pro/ProN] フォーマット拡張

・筑紫アンティークA丸ゴシック-B [Std]

・筑紫アンティークB丸ゴシック-B [Std]

・筑紫アンティークC丸ゴシック-B [Std]

「筑紫B明朝」は、本格的な長文本文用明朝体として2003年にリリースして以来、その高い可読性で本文書体としての多くの実績をもつ筑紫明朝-Lの漢字に、筑紫アンティーク明朝《Large Style》の仮名を組み合わせた書体です。やわらかで美しい筑紫明朝とは異なる新しい表情をもつもうひとつの筑紫明朝です。
「ハミング」は、まじめな印象を与えながらも適度なファッション性を加味した書体を“ラウンドタイプ”で表現した書体です。丸ゴシック体よりも《大人で柔らかい》イメージを表現できます。
「筑紫アンティーク丸ゴシック」は、筑紫アンティーク明朝の丸ゴシック版です。 従来には見られない狭いフトコロスタイルは 丸ゴシックに自然な文字らしさが宿ります。 大きくデザインされたラウンドコーナーは 従来には無かった穏やかな柔らかさが加わりました。 今までの丸ゴシック体では表現できなかった 知性、情緒、風情が美しい骨格とともに丸ゴシックで表現できます。 仮名はA標準タイプ、B手書きタイプ、C毛筆タイプがあります。

同じカテゴリーの記事

More

関連記事

前のページへ戻る