筑紫Bヴィンテージ明L R

筑紫Bヴィンテージ明L R

フォントについて

明治4年に発刊された、慶應義塾出版「手習の文」福澤諭吉編の「ふ」のデザインにインスピレーションを受け、そこから50音にデザイン展開させた書体です。

文字の一部分を凝縮させ、かつその反対側に大きく広がりを持たせたデザインは、ダイナミックな躍動感と生き生きとした表情が醸し出され、見る方の心を掴む、印象的なデザインの書体です。

対応サービス

デザイナー

藤田 重信

Fontworks

詳細

読み方
つくしびーびんてーじみんちょうえる
フォントメーカー
Fontworks
ファウンダリー
フォントワークス
言語:
日本語
カテゴリ
明朝系
規格
JIS X 0208:1990
ファイルサイズ
8MB
OpenType機能
字幅半角メトリクス(halt)
カーニング(kern)
プロポーショナルメトリクス(palt)
縦組み字幅半角メトリクス(vhal)
縦組みペアカーニング(vkrn)
縦組みプロポーショナルメトリクス(vpal)
任意の合字(dlig)
分数(frac)
等幅全角字形(fwid)
横組み用かな(hkna)
等幅半角字形(hwid)
イタリック(ital)
JIS78 字形(jp78)
JIS83 字形(jp83)
一般的な合字/標準合字(liga)
修飾字形(nalt)
プロポーショナル字形(pwid)
等幅四分字形(qwid)
ルビ用字形(ruby)
上付き文字(sups)
旧字体(trad)
等幅三分字形(twid)
縦組み用字形(vert)
縦組み用かな(vkna)

字形

{{ currentShapeTextTitle }}

  • {{ text }}

フォントファミリー1スタイル

{{ currentSampleTextTitle }}

筑紫Bヴィンテージ明L R
{{ currentSampleText }}

機能詳細

{{ functionType === 'spec' ? '規格' : 'Open Type Features' }}

OTF TTF
A-J 1-6 A-J 1-5 A-J 1-4 A-J 1-3
Pr6 Pr6N Pr5 Pr5N Pro ProN Std StdN
R

合字

  • 一般的な合字/標準合字(liga)
  • 前後関係に依存する字形(calt)
  • 任意の合字(dlig)

文字

  • スモールキャップス(smcp)
  • 大文字のスモールキャップス(c2sc)
  • スワッシュ字形(swsh)
  • デザインのバリエーション(salt)

数値

  • ライニング数字(lnum)
  • オールドスタイル数字(onum)
  • プロポーショナル数字(pnum)
  • 等幅数字(tnum)
  • 分数(frac)
  • 上付き序数表記(ordn)

デザインのセット

  • デザインのセット 01-20(ss##)

幅の異なる字形

  • プロポーショナル字形(pwid)
  • プロポーショナルメトリクス(palt)
  • プロポーショナルかな(pkna)
  • 等幅全角字形(fwid)
  • 等幅半角字形(hwid)
  • 字幅半角メトリクス(halt)
  • 等幅三分字形(twid)
  • 等幅四分字形(qwid)

文化的に異なる字形

  • JIS78 字形(jp78)
  • JIS83 字形(jp83)
  • JIS90 字形(jp90)
  • JIS2004 字形(jp04)
  • 旧字体(trad)
  • ルビ用字形(ruby)
  • 横組み用かな(hkna)
  • 印刷標準字体(nlck)
  • 修飾字形(nalt)
  • イタリック(ital)

縦書き機能

  • 縦組みペアカーニング(vkrn)
  • 縦組み用字形(vert)
  • 縦組みプロポーショナルメトリクス(vpal)
  • 縦組み字幅半角メトリクス(vhal)
  • 縦組み用かな(vkna)

その他

  • カーニング(kern)
  • 字体組版/分解(ccmp)
  • ローカライズの字形(locl)
  • 上付き文字(sups)
  • 下付き文字(subs)

対応サービス

  • LETS

    複数メーカーの高品位でバラエティ豊かなフォントがすべて使用できる年間定額制フォントサービスです。

  • mojimo-live

    動画制作にかかせない「テロップ」。テレビ番組では当たり前のように目にしますが、YouTubeなどにおいても、セリフや感情表現はもちろん、状況説明や商品紹介、ボケやオチなど、それらをグッと印象的にするのにクオリティの高いテロップは、今や必要不可欠な存在です。

関連記事

前のページへ戻る