東京本社のオフィスが「Outstanding Property Award London」インテリアデザイン部門最高賞のPlatinumを受賞

お知らせ

フォントワークスの本社オフィス(東京都港区)が、デザインアワード「Outstanding Property Award London」で、インテリアデザイン部門の最高賞 PLATINUMを受賞いたしました。

「Outstanding Property Award London」について

「Outstanding Property Award London」は、才能ある国際的な不動産デベロッパーや建築家、インテリアデザイナーの努力を称えるために、Farmani Groupにより創設されたアワードです。

Property Development、Architecture、Interior Designの部門で構成され、Interior Designにおいては、そのプロジェクトにおける創造性やビジョン、デザイン、施工、プレゼンテーションの質の高さで評価されます。

審査員のスコアにより、Platinum、Winner、Honorable Mention(入選)が授与され、「Fontworks Inc. Head Office」のプロジェクトが、最高賞となるPlatinumを受賞いたしました。


フォントワークスのタグライン「もじと もっと じゆうに」を体現すべく、本社オフィスにおいては「クリエイティブとエンジニアリングの融合」「遊びながら仕事する」「社員同士のコラボレーション」といったキーワードを掲げて、そのための環境づくりを行ってきました。

メインフロアには、新しいオフィス環境に必要となる「Creative、Collaboration」といったキーワードに共通した頭文字「C」字型のデスクを中央に配置。また壁面中央には Fukuoka Creative Lab と常時接続した大型ディスプレイを設置し2拠点間の活発なコミュニケーションを実現。エントランスにはひな壇仕様の椅子とディスプレイを設置し、業務セキュリティを担保しながら、社外の皆様とのコミュニケーションがカジュアルに行えるスペースを設けました。

会議室は、自由な発想を後押しするカジュアルなインテリアや、シックで落ち着いた会議に最適なつくりの部屋などを複数用意。マインドセットに合わせて場所を選べる設計としています。

Produce by PRISM DESIGN
https://www.prismdesign-sh.com/

Photo by Katsumi Hirabayashi
http://web-ktm.com

東京の本社オフィスと、高度なクリエイティブを追求していく「Fukuoka Creative Lab」(福岡県福岡市)の2拠点体制にて、フォントワークスは文字を通じてすべての人の日常に新たな価値を生み出していきます。

2019年12月、本社をそれまでの福岡県福岡市から東京都港区に移転した際のお知らせは下記をご参照ください。

前のページへ戻る