東京本社オフィスがMUSE Design AwardsでGoldを受賞

お知らせ

2019年12月に開設したフォントワークスの本社オフィス(東京都港区)が、デザイン人材の育成・促進を目的として創設された米国の国際デザインアワード「MUSE Design Awards」のインテリアデザイン部門でGoldを受賞しました。

フォントワークスのタグラインである「もじと もっと じゆうに」を体現した本社オフィスは、「クリエイティブとエンジニアリングの融合」「遊びながら仕事する」「社員同士のコラボレーション」といったキーワードのもとに環境づくりが行われ、この度の受賞となりました。

フォントワークスのオフィスは業務を行うメインフロアと複数の会議室フロアに分けられており、メインフロアはC(Creative、Collaborationの頭文字)の形のデスクを中央に配置。また弊社Fukuoka Creative Labと常時接続した大型ディスプレイで、2拠点間の活発なコミュニケーションを行っています。

会議室は部屋ごとにインテリアや内装を変え、マインドセットに合わせて場所を選べる設計に。そしてメインフロアと会議室フロアをつなぐエントランスにはひな壇仕様の椅子とディスプレイを置き、社外の皆様とのコミュニケーションがカジュアルに行える場を設けています。

エントランスにはアラビア文字のパネルが幻想的に飾られており、ご訪問いただいたお客様からも大変ご好評をいただいています。2020年6月現在、テレワーク中心の勤務体制となっていますが、弊社パートナーの皆さまにも是非ともご覧いただきたく、心よりお待ちしております。

Produce by PRISM DESIGN / Photo by Katsumi Hirabayashi


デザインを手掛けたのは中国・上海に本社を置くPRISM DESIGN様。数々の著名な受賞歴を持ち、グローバルに活動する国際的建築・デザインスタジオです。

弊社オフィスにおいても「もじと もっと じゆうに」を具現化し、創造性が高く遊び心にあふれたオフィスデザインを実現していただき、MUSE Design Awards受賞となりましたこと、心より感謝申し上げます。


受賞の詳細につきましては、MUSE Design Awardsのページをご覧ください。


フォントワークスは、東京の本社オフィスとFukuoka Creative Lab(福岡県福岡市)の2拠点体制で、文字を通じてすべての人の日常に新たな価値を生み出すべくこれからも尽力していきます。

本社移転のお知らせ(2019年12月)、および会社概要/アクセス情報は下記をご参照ください。

前のページへ戻る