「モトヤLETS」に、モトヤアポロやモトヤシーダのPr6拡張版を新書体として提供開始(10/13)

お知らせ サービス・事例

年間定額制フォントサービス「モトヤLETS」より、Pr6仕様OpenTypeフォントとして「モトヤアポロ W2/W3/W4/W5」、「モトヤシーダ W2/W3/W4/W5」を、2020年10月13日(火)より提供開始しました。

なお、本製品は、JIS2004字形のPr6Nフォントと、JIS90字形のPr6フォントの2種類をご用意しています。

提供書体

・モトヤアポロ W2/W3/W4/W5[Pr6/Pr6N]
・モトヤシーダ W2/W3/W4/W5[Pr6/Pr6N]

※提供フォント
OpenTypeフォント 
※[]はOpenTypeフォントの仕様です。


Pr6仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan 1-6準拠)は、Std仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan1-3準拠)・Pro仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan 1-4準拠)の拡張文字セットに該当します。異体字切り換えの新技術IVS(異体字シーケンス)に対応しており、IVSに対応したOSとアプリ(※)を組み合わせて使用することで、異体字セレクタによる異体字切り換えが可能です。

※IVS対応OS:Windows 7以降、Mac OS 10.6(Snow Leopard)以降
 IVS対応アプリケーション:Microsoft Office 2013以降、Adobe CC2014以降

人気の「モトヤアポロ」と「モトヤシーダ」にPr6仕様フォントが追加

清廉かつモダンなイメージの「モトヤアポロ」

アポロは、明朝体のウロコ(横線の右端に付いている三角形の装飾)やカドウロコ(横線の右端と縦棒の上端が直角に交わる部分に付く三角形の装飾)を取り除き、懐を広くした書体で、1969年から、本文用(アポロ2)のタイプ活字として販売していました。デジタル化するにあたり、懐をより広くし、トメハネの形状を変更しました。これはアポロの特徴を更に生かすためにリニューアルしたもので、清廉かつモダンなイメージが、より一層強調されています。

スッキリとした現代風の書体「モトヤシーダ」

シーダとは「杉」のことです。空に向かって直線的に伸びていく大らかさと、何百年もの樹齢を重ねた奥行きをイメージした書体です。シーダは懐を最大限に広げ、できるだけ大きく見えるようにしています。また背勢表現(縦棒や横線の両端につけるラッパ状のアクセント)をなくし、スッキリとした現代風の書体にデザインしています。シーダファミリーは、その抜群の可視性から印刷物はもとよりテレビテロップやゲーム、Webコンテンツにおいても頻繁に使用されています。

フォントのインストール方法

<LETSアプリからインストールする場合>

1.LETSアプリから[LETS]>[フォントインストール]を選択

2.起動したフォントインストーラの[カテゴリ]から[新書体]を選択

3.インストールしたいフォントを選択し、インストールボタンを押す


<LETS FontACEからインストールする場合>

1.LETS FontACEを起動

2.[LETSサーバ]画面より、[カテゴリ]から[新書体]を選択

3.インストールしたいフォントを選択し、インストールボタンを押す


年間定額制フォントサービス「モトヤLETS」では、これらの書体を追加費用をいただくことなく、いち早くご利用いただけます。

前のページへ戻る