TikTokと「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とのコラボレーションにより、TikTokの動画テロップでエヴァフォント(マティス EB)が期間限定で実装

サービス・事例

モバイル向けショートムービープラットフォーム「TikTok」において、動画テロップにフォントワークスの極太明朝体「マティス EB」が期間限定でご利用いただけるようになりました。

2021年3月8日に劇場公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」でも採用され、「エヴァフォント」としてファンの間で愛され続ける書体「マティス EB」ですが、TikTokと「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とのコラボレーションキャンペーンがこの度実現し、TikTokアプリ内の編集画面で、テキスト追加時に選択できる書体として、マティス EB(表記は「エヴァ」となっています)をご利用いただくことが可能となっています。

TikTokと「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とのコラボレーション

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を記念して、エヴァをさらに楽しむためのコラボレーションとなっています。詳しくは下記ニュースをご覧ください。


「マティス EB」は、年間定額制フォントサービス「LETS」において、「フォントワークス LETS」をご契約いただくことでご利用可能なフォントです。

ベーシックな部分を大切にしたデザインの中にも、古さを感じさせないシャープさと柔らかで優しい曲線の表情を合わせ持った明朝体で、「漢字」と「かな」のバランスが良く、文字組みしたときに最大限の読みやすさを発揮します。



アプリなどでのフォントの実装・ご利用についてお気軽にご相談ください。