フォントワークス創業30周年、記念ロゴ制定とリリーススケジュールのお知らせ

プレスリリース

フォントワークス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長CEO原田 愛 以下フォントワークス)は、2023年8月9日(水)をもちまして、創業30周年を迎えました。30周年の感謝の気持ちを込めて、皆さまに楽しんでいただけるような企画を予定しております。

創業30周年を迎えて

1993年にフォントワークスは福岡で創業し、「もじと もっと じゆうに」というタグラインのもと、革新的でありながら普遍性を備える書体開発だけでなく、業界初の年間定額制フォントサービス「LETS(Leading Edge Type Solution)」を開始するなど、業界を切り拓く取り組みを行なってまいりました。
この度、無事に30周年を迎えられましたのも、ひとえに皆さまのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

創業30周年を記念し、これから1年間を30周年アニバーサリーイヤーとして、皆さまにフォントワークスをもっと知っていただき、楽しんでいただけるような企画を展開して参ります。

30周年記念ロゴ制定

「もじを通じて、表現する人の創造をもっとじゆうにする」ことにより一層向き合い、新たな挑戦を続けるべく、30周年記念ロゴを開発しました。

開発に携わったのは、フォントワークス 書体デザインディレクター ヨアヒム・ミュラー゠ランセイと、世界を舞台に活躍するデザイン・イノベーション・ファームTakram Japan 株式会社です。
今回のコラボレーションでは、誰でもインタラクティブにデザインできるソフトウェアを新たに開発し、そのソフトウェアを用いてロゴを制作しました。

このシステムでは、フォントワークスのコーポレートロゴのエッセンシャルな要素を残しつつ、作り手自身も予期しない新たなインスピレーションを与えることを目指しています。(制作プロセスやソフトウェアの詳細については、今後公開予定)
また、ロゴ横の欧文は、ランセイがデザインする新書体「Yo One」(2023年秋リリース予定)を使用しています。

今後のリリーススケジュール

30周年の感謝の気持ちを込め、各種リリースを予定しております。

1.藤田重信 書籍『筑紫書体と藤田重信』

フォントワークスのフラッグシップフォント「筑紫書体シリーズ」を手掛ける書体デザインディレクター 藤田重信の書籍が株式会社パイインターナショナルより発売されます。「筑紫明朝」をはじめとする筑紫書体のすべてが分かる一冊。書体のコンセプトから細部のこだわりまで、藤田重信自身の言葉で解説・図解いたします。また購入者特典として、筑紫新書体を期間限定で頒布予定です。

<書籍情報>
タイトル「筑紫書体と藤田重信」
出版:株式会社パイインターナショナル
https://pie.co.jp/book/i/5658/
発行予定:2024年1月
仕様:A5版|ソフトカバー| 224P フルカラー

2.フォントワークス初オリジナル欧文「Yo One」

書体デザインディレクターヨアヒム・ミュラー゠ランセイが手がける、フォントワークス初のオリジナル欧文書体。全156書体のスーパーファミリーが、いよいよこの秋、フォントワークスLETSの新書体として登場いたします。

<書体情報>
書体名「Yo One」:全156書体
「ネオヒューマニスト」をデザインコンセプトにした、温もりがありながら現代的でクリーンな欧文書体。
セリフ/サンセリフの2つのグループに分かれ、全部で6つのフォントファミリーで構成されたスーパーファミリーです。各グループにはローマン体とイタリック体、そして「リニア」「セミ」「コントラスト」の3ファミリーがあり、最も細いものから最も太いものまで全13ウエイトを揃えています。シンプルで読みやすく、幅広い用途にご使用いただける書体です。

3.mojimo×フロップデザイン コラボレーション

人気フォントデザイナー フロップデザインとmojimoがコラボレーション。期限限定でmojimo-plusで2023年9月より提供予定です。

各詳細につきましては今後コーポレートサイト等でお知らせいたします。