1. HOME
  2. 新着情報
  3. Adobe Creative CloudのTypekitにフォントワークス書体14フォントの提供を開始

news

2017.09.27

Adobe Creative CloudのTypekitにフォントワークス書体14フォントの提供を開始

フォントワークス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長CEO:原田 愛、以下「フォントワークス」)は、2017年9月27日より、アドビ システムズ社のAdobe Creative Cloudに付随するフォントライブラリサービス「Adobe Typekit」に、フォントワークス書体の14フォントを提供開始したことを発表します。

今回、「Adobe Typekit」で提供を開始する書体は、フォントワークスのフラグシップフォントとして人気の「筑紫書体シリーズ」の丸ゴシック体「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」をはじめ、「マティス」「ロダン」「スーラ」など、フォントワークス書体で印刷からデジタルメディアまで使用頻度の高い定番書体、また、ユニバーサルデザイン仕様にデザインされたUD書体などです。

高品位で、DTP、WEB、デジタルコンテンツなど多様な媒体で仕様実績の豊富な、フォントワークス書体を「Adobe Creative Cloud」環境にて、是非、ご使用ください。

 

「Adobe Creative Cloud」のユーザー様は、追加費用なしでご使用が可能となります。

本リリース内容に関して、アドビ システムズ社のリリースはこちら

http://www.adobe.com/jp/news-room/news/201709/20170927-typekit-four-foundries.html

提供書体

[提供書体数:14フォント]

・筑紫A丸ゴシック Std-R

・筑紫A丸ゴシック Std-B

・筑紫B丸ゴシック Std-R

・筑紫B丸ゴシック Std-B

・マティス ProN-M

・ロダン ProN-DB

・セザンヌ ProN-M

・スーラ ProN-DB

・UD丸ゴ_ラージ Pr6N-M

・UD丸ゴ_ラージ Pr6N-DB

・UD角ゴ_ラージ Pr6N-M

・UD角ゴ_ラージ Pr6N-DB

・クレー Pro-M

・クレー Pro-DB

 

「Adobe Typekit」とは

「Adobe Typekit」とは、PhotoshopやIllustratorをはじめとするデスクトップ/モバイルアプリと、フォントなどのサービスやクラウドならではの機能を統合した、トータル制作環境を利用できる定額制メンバーシップの「Adobe Creative Cloud」に付随するサービスです。

数多くのフォントを一つのライブラリーで提供するサービスで、「Adobe Typekit」で提供されているフォントは、デスクトップフォントとしてはもちろん、Webフォントとしても使用可能です。

「Adobe Typekit」についてはこちら

フォントワークス株式会社について

フォントワークスはデジタル環境とともに発展してきたフォントメーカーです。現在はスタンダードになっている、フォントのサブスクリプション方式での提供を国内で初めて開始するなど、革新的なアイデアと先進的な手法で、DTPからデジタルコンテンツの分野まで、デザインを取り巻く環境の向上に貢献して参りました。

フォントワークスについてはこちら

https://fontworks.co.jp

本件に関するお問い合わせ

フォントワークス株式会社

企画推進部 マーケティンググループ

E-MAIL:info@fontworks.co.jp