1. HOME
  2. 新着情報
  3. 【提供開始】「LETS」「Monotype LETS」「モトヤLETS」の新書体を提供開始しました

news

2019.04.17

【提供開始】「LETS」「Monotype LETS」「モトヤLETS」の新書体を提供開始しました

フォントワークス株式会社は、年間定額制フォントサービス「LETS」「Monotype LETS」「モトヤLETS」の新書体を、2019年4月17日(水)より提供開始いたします。

「LETS」新書体

「筑紫書体シリーズ」に、シャープで柔らかなデザインが特長の新聞明朝体「筑紫新聞明朝」のウエイトLBと、「ベイシックシリーズ」に、角ゴシック体よりも《真っ直ぐで優しい》イメージを表現できる「スキップ」のAdobe-Japan1-4(Pro/ProN)版をリリースします。

「筑紫新聞明朝」は、縦80〜90%縮小扁平した新聞スタイルが特徴で、端正な骨格はテキスト面にほどよい緊張感を生み出し、新聞はもとより雑誌などで高い品位を醸し出します。

また、「スキップ」は、まじめな印象を与えながらも適度なファッション性を加味した、角ゴシック体に続く準定番書体としてご使用いただきたい書体です。書籍やチラシ、広告などの紙媒体から、アニメやゲームなどのデジタルコンテンツまで幅広い人気を誇る書体です。

■提供書体:6書体

<筑紫書体シリーズ>

・筑紫新聞明朝-LB [Pr6/Pr6N]

<ベイシックシリーズ>

・スキップ-L/M/D/B/E [Pro/ProN]

 

※提供フォント

Mac:OpenTypeフォント

Windows:OpenTypeフォント / TrueTypeフォント

※[]はOpenTypeフォントの仕様です。

 

2019年4月〜12月の「LETS」新書体リリースに関して

2019年4月〜12月の「LETS」新書体についてお知らせします。

下記よりご確認ください。

2019年4月〜12月の「LETS」新書体

「Monotype LETS」新書体

今回、Monotype LETSには、2019年2月に提供を開始した、中国語書体M XiangHe Hei™簡体字シリーズのPro版をリリースします。

M XiangHe Hei™ファミリーは、Monotypeの日本語フォント「たづがね®角ゴシック」と同じコンセプトで設計された中国語書体で、

可読性や判読性の高さで評価を受けているNeue Frutiger®を従属欧文に搭載しています。

すでにMonotype LETSでもご提供している日本語フォント「たづがね®角ゴシック」に、中国語(繁体字、簡体字)の「M XiangHe Hei™」および韓国語の「Seol Sans™」を併用することで、Neue Frutiger®の世界観をあらゆる言語(※)で展開することが可能になります。

(※Neue Frutiger® Worldシリーズとの併用で、世界150言語の製作物を同質のデザインでカバーすることが可能です)

なお、XiangHe Hei SC(簡体字)は、2019年1月15日付けで、CESI認証であるGB2312(Stdバージョン)、GB18030(Proバージョン)の各認証を取得していますので、中国本土向けに出荷する制作物等にも安心してご使用いただけます。

 

■提供書体:20書体

・M XiangHe Hei™ SC Pro Ultra Light / Thin / Light / Book / Regular / Medium / Bold / Heavy / Black / Extra Black

■提供フォント:OpenTypeフォント / TrueTypeフォント

 

「モトヤ LETS」新書体

モトヤノートは、ペンを走らせたときに生じる線の太さが不揃いになる点や、フリーハンドならではの特徴として、曲線的な表現が多くなる点、その他、横線を書き終え、そのまま縦棒を書き出すときにできる若干の隙間など、手書き特有の「人間らしさ・温もり」を強調した書体となっています。ノートが持つ「人間らしさ」は紙媒体との相性も良く、誰かへ宛てるメッセージや短いコメントへも、優しさや温かみを表現でき、心のこもった雰囲気の文章が作成できます。

Pr6仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan 1-6準拠)は、Std仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan1-3準拠)・Pro仕様OpenTypeフォント(Adobe-Japan 1-4準拠)の拡張文字セットに該当します。異体字切り換えの新技術IVS(異体字シーケンス)に対応しており、IVSに対応したOSとアプリ(※)を組み合わせて使用することで、異体字セレクタによる異体字切り換えが可能です。

また、本製品はJIS2004字形のPr6Nフォントと、JIS90字形のPr6フォントの2種類がありますので、用途に応じて書体を選択してください。

※IVS対応OS:Windows 7とMac OS 10.6(Snow Leopard)以降
 IVS対応アプリケーション:Microsoft Office 2013とAdobe CC2014以降(標準対応)

 

■提供書体:11書体

<デザイン書体>
モトヤノート4[Std](OTF/TTF)

<基本書体>
モトヤ明朝2/3/4/5[Pr6/Pr6N](OTFのみ)
モトヤゴシック3/4/5[Pr6/Pr6N](OTFのみ)
モトヤマルベリ2/3/4[Pr6/Pr6N](OTFのみ)

 

※提供フォント

Mac:OpenTypeフォント

Windows:OpenTypeフォント / 外字付きTrueTypeフォント

※[]はOpenTypeフォントの仕様です。

 

フォントのインストール方法について

<LETSアプリからインストールする場合>

LETSアプリから[LETS]>[フォントインストール]を選択

起動したフォントインストーラの[カテゴリ]から[新書体]を選択

インストールしたいフォントを選択し、インストールボタンを押す

※LETSアプリをインストールされていない方、またフォントインストールの詳細は下記「LETSアプリについて」でご確認ください。

https://lets-site.jp/startkit/

 

<LETS FontACEからインストールする場合>

LETS FontACEを起動

[LETSサーバ]画面より、[カテゴリ]から[新書体]を選択

インストールしたいフォントを選択し、インストールボタンを押す

年間定額制フォントサービス「LETS」について

2002年、フォントワークスが日本で初めて開始した年間定額制フォントサービスです。フラグシップの「筑紫書体」シリーズをはじめとする高品位でバラエティに富んだ和文フォントと、欧文、繁体字/簡体字、ハングルの豊富なラインナップ、明確で安心な使用許諾範囲など、現代のニーズに応えたサービス展開によって、印刷・出版はもとより、映画、放送などにおける映像制作、電子書籍やゲーム、アプリなどデジタル分野でも広く使われています。

https://lets-site.jp/

年間定額制フォントサービス「Monotype LETS」について

高品質かつ豊富な欧文フォントライブラリをもつMonotype(株)のフォントが使用できる年間契約のフォント導入システムです。Helvetica、Frutiger、Optima など世界的に有名な欧文フォントや多言語フォント9,000書体以上と、発表したばかりの注目和文フォント たづがね角ゴシックが、自由にそして安心してお使いいただけます。
https://lets-site.jp/lets/monotypelets/

年間定額制フォントサービス「モトヤ LETS」について

60年以上の歴史を持つ(株)モトヤの各種フォント『モトヤコレクション』が年間定額制フォントサービス「LETS」形式でご使用いただけるプログラムです。

「可読性の良さ」と「文字の美しさ」を特徴とし、各種印刷物やWeb・Androidスマートフォンなどに広く採用されている(株)モトヤのフォントライブラリーを「モトヤコレクション」として、自由にそして安心してお使いいただけます。

https://lets-site.jp/lets/motoyalets/about