FONTPLUS DAYセミナー Vol. 25「書体設計から考察する文字組み — 書体デザイナー藤田重信さんとフォントおじさんのオンラインライブ討論会 —」に藤田重信が出演(7/15開催)

イベント

7/15(水)開催のFONTPLUS DAYセミナー Vol. 25『[書体設計から考察する文字組み] — 書体デザイナー藤田重信さんとフォントおじさんのオンラインライブ討論会 —』にて、書体デザイナー藤田が出演します。

FONTPLUSのWebフォントエバンジェリスト関口氏と藤田が、双方の自宅からオンラインで映像を繋いでのトークライブ。自宅からのゆったりとした雰囲気の中、繰り広げられる文字組みに関するトークを是非お楽しみに!

皆さまのご来場をお待ちしております。

概要

イベント名称 書体設計から考察する文字組み
— 書体デザイナー藤田重信さんとフォントおじさんのオンラインライブ討論会 —
開催日時 2020年7月15日水曜 19:00 - 21:00
(開始5分前からオープニングBGMを流します)
※セミナー終了後30分間、BGMのみ流しながらライブ放送を続けます。Facebook Liveのみを予定しています。録画再放送はありません。
定員 100名
参加費 無料
事前登録 必要(先着順) お申込み方法など詳しくはこちら
主催 SBテクノロジー株式会社
AZM Design
協力 株式会社ボーンデジタル / Book & Design / 松本タイポグラフィ研究会 / 株式会社mgn / Bau-ya by AZM Design / フォントワークス株式会社

タイムテーブル

19:00- オープニング(10分)
19:10- 第1部(50分) 書体制作する立場から「文字組み」を語る — 前半 —
20:00- 休憩(10分)
20:10- 第2部(40分) 視聴者からの質問にお答えします — 後半 —
21:50- エンディング(10分)
21:00 オンラインセミナー終了

出演者情報

藤田 重信

福岡県生まれ。1975年写真植字機の、写研文字デザイン部門に入社、1998年フォントワークスに入社し筑紫書体ほか数多くの書体を開発。「筑紫オールド明朝」「筑紫丸ゴシック」で2010東京TDC 賞を受賞。2016年NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。また「フォントワークスUDフォント」がIAUDアウォード2016銀賞を受賞。「筑紫オールドゴシック‒B」「筑紫アンティークゴシック‒B」「筑紫アンティーク明朝‒L」「筑紫Q明朝‒L」「筑紫Aヴィンテージ明朝‒R」「筑紫B ヴィンテージ明朝‒R」で【東京TDC賞2018タイプデザイン賞】を受賞。

関口浩之

1960年生まれ。群馬県桐生市出身。現在、SBテクノロジー株式会社でWebフォント・エバンジェリストとして活動しつつ、フォントの楽しさを日本全国で伝える伝道師「フォントおじさん」として広く一般に知られる。

Web担当者Forum、マイナビ IT Search+、MdN Design Interactive、翔泳社CreatorZine、日刊デジタルクリエイターズ、Schoo(スクー)等のオンラインメディアや、印刷雑誌や情報処理などの専門誌にて、文字に関する記事寄稿、講師など多数出演。CSS Niteベスト・セッション2017にて「ベスト10セッション」「ベスト・キャラ」を受賞。2018年および2019年も「ベスト10セッション」を受賞。フォントとデザインをテーマとした「FONTPLUS DAYセミナー」を主宰。

小さい頃から電子機器やオーディオ(真空管やトランジスタの頃から)のDIY、天体観測や天体写真が大好き。

前のページへ戻る