フォント軽量化ツールGlyfPick

組込みシステム

GlyfPickは、使⽤する⽂字だけを基となるフォントデータから抽出し、それらの⽂字のみを収録したフォントファイル(サブセットフォント)を新たに⽣成するためのユーティリティソフトウェアです。データ容量を⼤幅に軽量化でき、容量に制約がある環境へのアウトラインフォント組込みに効果を発揮します。

こんな方におすすめ

  • 容量に制限がある機器に組込みたい。

フォント軽量化ツール「GlyfPick」の主なポイント

データ容量に制限がある業務で、フォント使⽤に最適な環境を提供するシステム

必要な⽂字だけのグリフ(字形)をピックアップするので1書体のフォント容量が軽くなる

使い⽅が⾮常に簡単

GlyfPickでのサブセットフォント⽣成の流れ

  1. 使いたい⽂⾔から使⽤する⽂字を指定

  2. 基になるフォントファイルから使⽤する⽂字だけをピックアップ

  3. 必要最低限の⽂字だけでできたサブセットフォントが⽣成される

GlyfPick使⽤前と使⽤後のフォント容量⽐較

使用前 使用後
書体 フォント名 フォント容量 文字数 新しいフォント容量
角ゴシック体 ロダン-DB 2.4MB 150文字 376KB
明朝体 マティス-DB 6.5MB 150文字 425KB
丸ゴシック体 スーラーM 3.9MB 150文字 393KB
字幕書体 ニューシネマB-D 6.2MB 150文字 423KB
教科書体 ユトリロ-DB 7.3MB 150文字 435KB
硬筆体 クレー -M 5.3MB 150文字 412KB
キャッチフォント ドットゴシック16-M 1.7MB 150文字 368KB
筑紫書体 筑紫ゴシック-H 3.7MB 150文字 392KB
  • フォントは全てLETS TrueTypeフォントより抽出しています。同じ⽂字数でも使⽤するグリフによって容量は変化します。

スペック概要

プログラム動作環境 Mac OS 10.6~ / Windows 7~
対象フォント フォントワークス OpenTypeフォント
フォントワークス TrueTypeフォント
文字指定
テキストファイル形式
UTF-8
読込可能文字数 最大3,000文字

ご契約までの流れ

  1. ヒアリング
  2. 見積提示
  3. 契約書締結・お申し込み
  4. 納品・検収

ヒアリング内容

  • 契約形態(年間更新/買い切り)
  • 使⽤したいフォントの種類、数
  • カスタマイズの必要の有無(フルカスタマイズ/⼀部カスタマイズ/そのまま)
  • 貸出の必要の有無

前のページへ戻る