1. HOME
  2. フォントワークスマガジン
  3. 「NEWTOWN2019」で、のらもじTシャツ作りをやってきた!

magazine

2019.10.24

「NEWTOWN2019」で、のらもじTシャツ作りをやってきた!

こんにちは、「NEWTOWN(ニュータウン)」のことをいつも「NEWTON(ニュートン)」と言い間違ってしまう、まめぞう(@ezcr)です。

10月19日(土)・20日(日)の2日間、東京都の西に位置する、キティちゃんとしまじろうで有名な(?)多摩センター駅近辺の会場にて「NEWTOWN2019」が開催されました。

「もじFes.」の出張出展ということで、フォントワークスのメンバーも参加したのですが、今回の出展は「のらもじ発見プロジェクト」とのコラボレーションという形で、<「のらもじ」Tシャツをつくろう! by もじFes.>という企画を行いました。

 

 

「のらもじ」って?

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、「のらもじ発見プロジェクト」とは

古い町並みには、洗練されていないけれど個性的で味のある文字がたくさんあります。このプロジェクトは、そんなステキな文字たちを「のらもじ」と名付け、それを 発見 → 分析 → フォント化 を進めていく活動です。

のらもじ発見プロジェクト公式サイトより

作られたフォントは公式サイトからダウンロードでき、ダウンロードの際に代金支払いをすることで持ち主(のらもじの提供者)に還元される、とのこと。

この仕組みを初めて知った時、「面白いし、すばらしい!」と思いました。

 

サムネイル

 

 

Tシャツをつくるワークショップ

そんな「のらもじ発見プロジェクト」と一緒に何かしたいね!

とお声がけし、この「NEWTOWN2019」で一緒に出展しよう、ということになりました。

「のらもじ」をシルクスクリーン印刷で自分でプリント体験し、オリジナルTシャツを作るワークショップが出来そう、ということで、今回の出展となりました。

 

フォントワークスの「もじFes.」と「のらもじ発見プロジェクト」のコラボレーション企画は、多摩センター駅から歩いて15分ほどのところにあるデジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)。

初日の朝は雨、しかも前日から降り続いた雨で会場となる校庭はぬかるみ、早朝から運営さんが水はけ作業で奮闘されていました(本当にお疲れさまでした)。

そんな努力や祈りが功を奏してか、何とか雨もあがり、曇天ではありましたが無事開催できることに!

「のらもじ」Tシャツがつくれる!

その見た目の可愛らしさ、面白さから「作ってみたい!」という声がどんどん聞こえてきました。

印刷したい「のらもじ」の版を選んでもらい、インクの色を選びます。

Tシャツの前に印刷する?後ろにする?位置は上下どっち?などなど自由に自分の好みで作っていただけることもあり、とても好評でたくさんの方にご参加いただくことができました!

印刷工程と出来上がった「のらもじ」Tシャツを少しご紹介しますね。

 

 

「もじFes.」でTシャツづくりが再来!缶バッチをつくるワークショップも!

こんな感じで大好評だった、のらもじTシャツをつくるワークショップが、11月の「もじFes.」で帰ってきます!

しかも、「もじFes.」では「のらもじレタリング缶バッジづくり」というワークショップも開催!

11月16日(土)「オリジナルTシャツづくりワークショップ」
11月17日(日)「レタリング缶バッジづくりワークショップ」

日により開催される内容が異なりますのでご注意くださいね!

レタリング缶バッチづくりのワークショップはこんな感じでお子さまにも楽しんでいただける内容です。

「もじFes.」は11月16日・17日です。

なんとか天候には恵まれますように・・・

プログラムもいろいろと固まってきていますので、ぜひ特設サイトをのぞいてみてくださいね。

https://mojifes.fontworks.co.jp/

 

では、またね!

 

この記事を書いた人

まめぞう

フォントワークスでマーケティングを担当しています。名刺の書体はパルラムネ。「Fontworks Magazine」を立ち上げました。Twitter @ezcr